幼児をはげましましょう

教育の基盤になると言ってよいのである

警官にそんなことを言わせた新聞記者があるとすればずいぶんトンマな記者である。かりにそんな記者が取材したにしても、間の抜けた原稿をチェックするデスクや整理部もいるはず。紙面にあらわれたところを見ると、そういう人たちも同類ということになる警察の係官が本当にそんなことを言ったかどうか読者は疑っている。言ったことにして記者の予断を記事にしたにすぎないのだろうとたかをくくる。こういう例にはなれているのだもしかりにそんなことを口走った警官がいるのなら、上司はその軽率を戒めなくてはならない。

子どもと遊ぶとか


子どもの衝動性と結びついていることが多いでしょう

>幼児の脳を鍛えもちろんわれわれにはわからない。先生のことを責める前に、こんどの事件がどうしておこったのか。友だちの家でやるマジャンのことまで学校の生徒指導の範囲に入らないのは世間の常識である。は何をしていたのか、という疑問がおこって当然であるところが、新聞に家庭の教育責任を問うものがほとんどなかった。まことに奇怪である。どうして、家庭のことはほおかむりして、学校を目の仇にするのか。


しつけにばかり気を取られ

幼児はどうなるでしょうか

子どもなら無数に思いつくと思います電車遊び綱引き持っているものをどのように使うかに気を配るのだ。必要なものがあれば努力をして、それを手に入れるのだ。ちなみに、長男がそれだけの数学の力を手に入れたのは、彼の目標に届くために必要だからだ。まだまだ手が届かないのだが、手が届いたときにその力に幾分かの価値が現れる。しかし、もしかしたら手が届かないかも知れない。子どもが叱られてその時は自分の持っているその力を、どのように活かそうかとしっかりと考えてくれれば良いと思っている。その時初めて、その学力を有している長男は偉い存在になるのだ。そう言うことではない。こう言っていると、今長男がしている努力に価値がないのかと思う人がいるかも知れないが、その努力が彼のポテンシャルを高めて言っている。そう言う観点で言えば、それだけの努力ができる彼は十分に偉い。親ばかと言われようが、そう思う。


育児がじゃまになる点だ喜んでよいひとつ

はし並べ取締役テーブル拭きクイーンに、ざりがに主任。息子の野球チームにはみ隊長」がいました。大げさですよね。ものものしいですよね。それがいいんです。ちょこちょ刺激されます。なんというか、その気になるんですね「おれはきり込みたい長だぜぃ。ここで一発見せてやる!」と。こうすると、がっちりさんのプライドがこそうして低い声で、ダメ押ししてください。

コミュニケーションをして

幼児のころ「おまえならできるー!「あなたしかいない!」「任せたぞおおお!これでイチコロです。持ち前の責任感が、クリームソーダみたいにぶわぷわーっと噴き出します。「そうか!ここで打てるのは、おれしかいないんだあぁああああ!」(←心の声)それでほんとにカツーンと打っちゃうんですから、大したものです。かっこいいですよ、それでも平然としてますから。大きなことをしでかしたって、犬ころみたいにはしゃぎませんから。

幼児の行為が公衆に迷惑をかけていることには気がつかず

幼児の心の発達への影響が心配なのかもしれませんね

子:地球にはものを引っ張る大きな力がある、っていうお話だったよ。父:宇宙に空気がないのも、実はそれが関係しているんだよ。ここで問題!空気には重さがあると思う?子:空気には重さがないんじゃないかな。だって、空気を吸っても何も感じないもん。父:たしかにそうだよね。空気には重さがないように感じるね。

幼児にもプライドがありますし

ほんとにそうか確かめてみよう!(と、家庭用ガスボンベの未使用のものと使用したものを渡す)父:こっちはこの前のお鍋で使ったから空っぽだよ。もう1つは、まだ使ってないから中にガスがいっぱい詰まっているよ。どう、どっちが軽い?子:空っぽの方が軽いよ。父:そうだね。空っぽの方がちょびり軽いね。ということは、ガスには重さがあるってことだよ。ガスは空気よりも軽いんだ。そのガスに重さがあるということは、空気にも重さがあるということにならない?空気に重さがあるということは子:空気も引力で地球に引っ張られている!父:正解。

 

いい子ねとほめたくなる幼児です

あれも同じで、水が水蒸気に変身する時に、まわりの空気から熱のエネルギーをもらうから、まわりの空気はひんやりす子育てって何だろう?私があなたにお聞きしてみたいのは、「あなた」は、子育てをどう捉えていらっしゃるのか?という事です。もちろん正解は無いと思うのです。でも「あなた」ご自身が、どうお考えなのか、それを明確にされているかな?という確認をしたいんですね。私がこのご質問をすると、あまりの枠の大きさに(返事ができない)」という事がとても多いんです。.「子育てをどう捉えるか」ですと、とても漠然としているかもしれませんね。
児童と遊んであげてくださいとアドバイスすると私の

幼いころにいい子で通っていた子どもほど

では、こんな風に変えてみましょうか?「あなたは、何の為に子育てをするのですか?「あなたはお子さんに、どんな風になってほしいのでしょうか?」「あなたの考える子育てって、何歳までなんでしょう?」「う~ん??」ですよね.何歳まで?と聞かれても「考えたことなかった..と聞かれるとって思いませんか?「どんな風になってほしいのか?」の問いには、「優しい子、思いやりがある子になってほしい「」と即答でお答え頂けるかもしれません。はじめに···の所で私は「今では4000人に上る方が勉強をされていて、沢山の喜びの声や、感謝の言葉を頂くようになりました。実際にありとあらゆる改善例が生まれています·..。」とお話ししましたね。実は私がカリキュラムを作ってご相談を受けるようになった頃、すぐに、障害があるお子さんのお母さんからこんなご相談を頂いたのです「私の子どもは障害を持っています。他のお子さんと比べるとずっと育てにくく、また、発育も遅いと思います。

育児に関わったのは

お母さんに赤ちゃんをあやさせてみたのですが、赤ちゃんはお母さんの目を一向に見ようとしません。天井の蛍光灯しか見ないのです。そして無表情で少しも笑いません。ひたすらに蛍光灯と交信をしているかのようです。あしの変形の方は必ず短時間で治せることを告げてから、私はおもむろに、赤ちゃんの視線の異常をお母さんと一緒に観察して、説明しました。そして、赤ちゃんがお母さんの目を見て笑わないことを指摘しますとお母さんは「そう言われれば、私を見てくれません」と答えますお母さんの話によると、「上の子が11歳になりますが、その子は言葉を一こと二ことしかしゃべらず、わがままで、とても手がかかります。

児童に地震はなぜ起こるか知ってる?

抱きぐせをつけるな、と主人やその親に言われたので、あまり抱いてやりませんでした。この子も生まれて三カ月間、ほとんど抱いていません。この子にかまっている時間はとてもありませんし、主人も仕事で忙しく無口で、子育ての相談にのってくれません。姑や小姑が近所にいて、そのつき合いも大変です」と語り終わるや、母親の目から大粒の涙があふれ落ちました。こじゆうと自分がこんなに精一杯やっているのに、子どもたちは笑ってもくれない。