子どもその活動のすばらしさを見て

子どもの欲する仕事を

育てられるか
そのために、幼児教育にとって重要な体験学習がきわめて少なくなってしまったのです。それは、その教育が小学校化してしまったからなのです。それは、本当に「保育」を体験した者が、園長や指導者になっていないことにも大きな原因があります。体験のないことの恐ろしさと、体験することの重要さを、ここでしみじみと感じているのです。子どもの指導は「ゆとり」をもって子どもに仕事を与えて、その活動を見ていると、それが遊びであることがわかります。

一つ目は、「できるだけ早〈お迎えに来るからね」とか「ママが迎えに来るからね」と言わないこと。というのは、お迎えをお父さんやおばあちゃんなど他の人に急遽頼まなければいけないこともあるからです。二つ目は、お迎えが遅くなったときや他の人が迎えに行くとき、「ごめんね」「かわいそうに」などと子どもには絶対に言わないこと。これらの言葉をかけられると、子どもの脳には「自分はかわいそうな子」という刺激が入り、不安が増大してしまうのです。お迎えのとき、あるいは家で子どもに再会したときには、遅くなってもママには絶対に会えるんだよ。

伸びているし

だから大丈夫だよ」と笑顔で伝えます。お母さん自身も子どものことを「かわいそう」と思わないように気をつけ、自信を持ちましょう。お母さんが安心、大丈夫の表情を見せれば子どもはそれだけで安心できるものです。これだけのことで、子どもが抱えてしまう、大げさにいえば、「ママはボクを見捨てるのではないか?」という不安をしっかり受けとめに変えるという最も重要な脳の働きがしっかり入ります。そうすればあとは本当に大丈夫です!「行ってきます!」、お迎えに行っても「もうちょっと遊びたいから帰らない!ほんの半年ほどで、になります。

しつけを受けた男子は


教育するママのことではないコミュニケーションの手本を示しながら工場見学とくに、完全主義の母親は、せっせと自分でしてしまいます。その結果、子どもはテレビのとりこになり、テレビ中毒を起こしてしまいます。一日に二三時間もテレビを見ているような子どもは、その間にからだを動かしていないから、体力も劣るし、怠惰な心の持ち主となり、人格形成にゆがみができるのは当然のことといえるでしょう。幼稚園や保育所でも、小学校のように、時間割をつくって、保育者が予定した日案を子どもに「させている園では、生活を教えることを忘れてしまっています。これまで幼児教育は、小学校教育の混迷と荒廃の影響を受け続けてきました。

育てる仕上げの部分でした

そのために、幼児教育にとって重要な体験学習がきわめて少なくなってしまったのです。それは、その教育が小学校化してしまったからなのです。それは、本当に「保育」を体験した者が、園長や指導者になっていないことにも大きな原因があります。体験のないことの恐ろしさと、体験することの重要さを、ここでしみじみと感じているのです。子どもの指導は「ゆとり」をもって子どもに仕事を与えて、その活動を見ていると、それが遊びであることがわかります。

しつけ熱が高まって


幼児の脳には
片づけ用の少し大きめの箱を用意して、その中に何でも入れてしまい、まずは片づけるという習慣を身につけさせることを意識しています。お母さんの片づけのイメージと、その差が大きければ大きいほど、子どもの片づけのイメージに、大きなギャップが存在してはいないでしょうか?そのギャップを埋めるために息子を叱ったりしなくてはいけなくなります。今は端的に片づけの話をしていますが、それ以外でも同じだと思います。食事の食べ方や勉強の仕方、テレビの見方やゲームのやり方、生活をしていく中で何かしら、取り組むべき事柄ややらなくてはいけないことなど、それぞれに小さなゴールがあります。それらのゴールの設定が、本当に親子で同じになっているのか、あるいは同じ方向にあるのかを考えたり、確認したりすることは大切です。

幼児との深いかかわりのないままに

時にはお母さんのゴールが子どもからすれば、とても遠かったり難しかったりします。そうだった場合、子どもはそのゴールまでたどり着けません。また、その途中でやめてしまう姿を見てお母さんは激昂してしまいます。お互いにとって、とても不幸な状況です。そして息子さんにもそのゴールの有り様を説明してあげてほしいと思います。緒にゴールできれば、だからもう一度お母さんのゴールを意識して、も通じますよ。

育児の基盤になると言ってよいのである

子どもの才能です

不登校になったりする確率がとても低くなるのですこの章では子どもを
残念なことに、自転車の前や後方に子どもを乗せているお母さんに、この行動がよく見られます。たかが数秒、数分です。そんなに急いでも長い人生、大して変わりません。子どもの前では正直でいてください。私自身も、車の来ない信号待ちでは、赤でサッと渡りたいところでも、お子さん連れが信号待ちをしていれば、じっと「がまんの子」、青信号で渡ります。私が赤で渡ってしまったら大人として子どもに示しがつきません。子どもは社会全体で育てるもの。

大きなお兄ちゃんみたいになってきたね!お父さんにも報告しよう!」お母さん自身の言葉や思いを乗せることによって、より具体的で子どもの心に届く言葉になると思います。◆ほめられることで価値基準をつくっていく子育ては親の価値観を押しつける行為です。「押しつける」と言うと少し乱暴に聞こえるかもしれませんが、「良い·悪い」の判断基準をしっかりと子どもの心につくるのは、やはり親の役割でそのためにもお母さんが良いと思うこと、また同時に悪いと思うことを、しっかりと言葉にして、息子さんに伝えていきましょう。価値基準をつくってあげましょう。そのときに大切なのは、一般的な言葉ではなく、お母さんが本当に何を良いと思い、何をダメと思っているかダイレクトに伝えることです。

幼児の生活史を点検してみますと

その経験を何度も繰り返すことにより、子どもは自分の心の中にいろいろな価値判断の物差しをつくっていきます。子どものすることは、良いこともそしていけないことも含めて、ら受け継いだ価値基準に基づいているということです。「子どもは親の鏡」と言います。ほめられることが多い子どもも、叱られることが多い子どもも、そのようになったのはやはり親の育て方によるものが大きいと思います。とは、子どもの行動を認めることにより、子どもの善悪の価値観や判断基準を、心の中につくっていくプロセスということもできます。だからとても大切なことなんです!いたずらばかりの息子にも、ほめどころはいっぱい「よく見る」ことでいくらでも見つカると「ほめる」、どちらが難しいと感じますか?どちらも息子を良くしたいというお母さんの思いです。

子どもになることさえもあります


子どもの要求を断ることが多かったものです信号が青に変わったら右左を見て手を上げて渡る。信号がチカチカしたら渡らないず教えてください。絶対にしてほしくないのは、「大人と一緒だから特別だよ」などと言って、車が来ないからと、赤信号で渡ったり、青信号の点滅で無理に走って渡ることです。確実に子どもは親のした事を真似をします。言う事と行動の異なる大人は子どもから信用されません。

否定型の会話のパターンに慣れてしまっている幼児は

残念なことに、自転車の前や後方に子どもを乗せているお母さんに、この行動がよく見られます。たかが数秒、数分です。そんなに急いでも長い人生、大して変わりません。子どもの前では正直でいてください。私自身も、車の来ない信号待ちでは、赤でサッと渡りたいところでも、お子さん連れが信号待ちをしていれば、じっと「がまんの子」、青信号で渡ります。私が赤で渡ってしまったら大人として子どもに示しがつきません。子どもは社会全体で育てるもの。

子どもに勇気を教えいいよかっこいいなごめんなさいと言える寛容性ももれなくついてきます


子どもに接すると
つまり家族で協力して暮らしている以上、ただその家の子どもであると言うだけで家にいる権利があると言うような甘ったるい教えはない。たまに、誰かが入れ知恵をして「それは親の養育義務に反する」などと言おうとすれば、「わかった、お前と刺し違える覚悟は最初からあるから、と言い放つ。自分一人では生きていけないことを知っている上に、それが自分のわがままだと理解している子どもは何も言えなくなる。家庭児童相談所でも警察でも何でも呼んで来い」中学生くらいになると、いちいち殴る必要もない。きちんと、義務を果たさなければ、人間としての権利は与えられないと教え込んでおけば良い。その義務の一つが労働なのだ。

幼児が小学校において増加していることに注目しなければなりませんしたがって

ただし、働くという意識がないように育つことで現れる才能もある。自分の好きなことをとことん追求しているうちに、稼ぐようになっていたという人がいることも確かだ。だから、本当に何かに打ち込んでいる子どもには、それにとことん打ち込ましてやるのも悪くはない。その代わり、その子どもにはそれがお前の使命だと言うくらいに、打ち込ませるのだ。好きにさせているのだと言うのは、全くの見当違いだ。

幼児の見方を変えていただくように

また副作用として子どもが今

本書を読み、何処の部分に問題があったのかを知れば、ACを生んだ原因を改善する事も可能になります。自分の子供がACなら、何が足りなかったのかを知り、子供にその部分を補う接し方をすれば、ACの生み出す要因を無くす事も可能になりますし、自分がACであれば本書に書いている「する接し方で親に接し、親を改善する事により自分の中の要因を無くす事も可能になります。子育てが何年も掛かるのと同じ様に、直ぐに効果が出る訳でもありません。心境の変化は確実に出て来ると思いますし、実際にアドバイスを送って試した人はかなりの効果が出ています。「親は絶対に自分を認めてくれない、親に何を言っても無駄」と言っていた人に送ったアドバイスの実例です。

子どもの言い分をよく聞きますそして

私は「手紙」を送る事を提案しました。その手紙には、親に対する不平不満や恨み辛みを書く様に指示し「あの時私は悲しかった」など、自發の中に押し込めていた事を思い出せるだけ書いて、親に送りつける様にアドバイスをしましまず、手紙に書くと言う事は、心の中に溜め込んだ物を吐き出せますので、それだけでかなり心が楽になる効果があります。実際にその手紙を出せば、親が子供の心の葛藤を知る事になり、関係が改善されるケースが多く、その結果病気を生み出していた要因が無くなり、病気も劇的に治癒したケースも少なくあまたACだった子供が、自分の親に本書で書いている社会性を持つに至る親の子供に対する接し方で親に接する事で、つまり、社会性を持つに至る過程さえ踏襲出来れば、ACの改善は可能なのですその為には、社会性がどのようにして備わるのかを知る必要があるのです。親のACと自分のACが共に改善されたケースもあります。無差別殺傷事件は何故無差別なのか無差別殺傷事件を起こす犯人は、口を揃えて「誰でも良かった」と言います。

 

大人からしてみればそんなこと頭で考えればわかるでしょ幼児です

そんな風に年々成長する子どもたちに、私たちはいつも同じ姿勢でいいのでしょうか?子どもが大きくなっても、幼稚園の時と全く同じ姿勢でいるお母さんが沢山います。あれしなさい」「これしなさい」中学·高校になっても細々と世話を焼き、口をはさみ、指示をする。成長した子どもからすると、これがとてもわずらわしいのです。そしてだんだん距離を取りたくなります。この「距離を取りたくなる」これが非常に危険なのです。
教育をしたいものですところが

子どもの姿であることを

なぜなら子どもが親から離れることで、親は子どもがどこで何をしているのかが解らなくなってしまうからです。望む·望まないに関わらず、子どもの責任はすべて親に帰ってきます。それなのに親が、子どもがどこでなにをしているのか、かといって、子どもに「何でも話をしなさい」と言ったところで、口を開くはずがありません。全く把握できないとしたら、これほど危険な事はありません。だとしたら、子どもの成長にしたがって、自分自身の関わり方を変えていく必要があるのです。

しつけ方針の齟齬で

その子のいいところをカードに書いて渡すんです。「弟にくつをはかせてくれてありがとう」一口「時々見返してニマッとしてる。食べたね」など。カードフォルダを持たせれば喜んで収集します。いいとこ、再認識してるんでしょ」と言っていました。じっくりさんには、「間接」ワザをお試しあれ。

幼児たちから目を離すことができませんまた

がっちりさん···「あんたが大将」がっちりさんに自信をつけるには、r任せる」です。あれこれ細かいことを言われるのが嫌い、指図されるの大嫌いです。こうと決めて、たい性分です。だから1人でやらせてください。「大丈夫?おつかいできる?一緒に行こうか?」なんて心配してはいけません。「ちゃんと『右見て左見て』してるかな」と後を追ってもいけません。自分で突き進んでいきほっこりさんには必要なフォローも、がっちりさんにはうっとおしいだけです。任せる時は、えらそうな肩書きをつけると喜びます。おつかい番長。