育児の基盤になると言ってよいのである

子どもの才能です

不登校になったりする確率がとても低くなるのですこの章では子どもを
残念なことに、自転車の前や後方に子どもを乗せているお母さんに、この行動がよく見られます。たかが数秒、数分です。そんなに急いでも長い人生、大して変わりません。子どもの前では正直でいてください。私自身も、車の来ない信号待ちでは、赤でサッと渡りたいところでも、お子さん連れが信号待ちをしていれば、じっと「がまんの子」、青信号で渡ります。私が赤で渡ってしまったら大人として子どもに示しがつきません。子どもは社会全体で育てるもの。

大きなお兄ちゃんみたいになってきたね!お父さんにも報告しよう!」お母さん自身の言葉や思いを乗せることによって、より具体的で子どもの心に届く言葉になると思います。◆ほめられることで価値基準をつくっていく子育ては親の価値観を押しつける行為です。「押しつける」と言うと少し乱暴に聞こえるかもしれませんが、「良い·悪い」の判断基準をしっかりと子どもの心につくるのは、やはり親の役割でそのためにもお母さんが良いと思うこと、また同時に悪いと思うことを、しっかりと言葉にして、息子さんに伝えていきましょう。価値基準をつくってあげましょう。そのときに大切なのは、一般的な言葉ではなく、お母さんが本当に何を良いと思い、何をダメと思っているかダイレクトに伝えることです。

幼児の生活史を点検してみますと

その経験を何度も繰り返すことにより、子どもは自分の心の中にいろいろな価値判断の物差しをつくっていきます。子どものすることは、良いこともそしていけないことも含めて、ら受け継いだ価値基準に基づいているということです。「子どもは親の鏡」と言います。ほめられることが多い子どもも、叱られることが多い子どもも、そのようになったのはやはり親の育て方によるものが大きいと思います。とは、子どもの行動を認めることにより、子どもの善悪の価値観や判断基準を、心の中につくっていくプロセスということもできます。だからとても大切なことなんです!いたずらばかりの息子にも、ほめどころはいっぱい「よく見る」ことでいくらでも見つカると「ほめる」、どちらが難しいと感じますか?どちらも息子を良くしたいというお母さんの思いです。

子どもになることさえもあります


子どもの要求を断ることが多かったものです信号が青に変わったら右左を見て手を上げて渡る。信号がチカチカしたら渡らないず教えてください。絶対にしてほしくないのは、「大人と一緒だから特別だよ」などと言って、車が来ないからと、赤信号で渡ったり、青信号の点滅で無理に走って渡ることです。確実に子どもは親のした事を真似をします。言う事と行動の異なる大人は子どもから信用されません。

否定型の会話のパターンに慣れてしまっている幼児は

残念なことに、自転車の前や後方に子どもを乗せているお母さんに、この行動がよく見られます。たかが数秒、数分です。そんなに急いでも長い人生、大して変わりません。子どもの前では正直でいてください。私自身も、車の来ない信号待ちでは、赤でサッと渡りたいところでも、お子さん連れが信号待ちをしていれば、じっと「がまんの子」、青信号で渡ります。私が赤で渡ってしまったら大人として子どもに示しがつきません。子どもは社会全体で育てるもの。

子どもに勇気を教えいいよかっこいいなごめんなさいと言える寛容性ももれなくついてきます


子どもに接すると
つまり家族で協力して暮らしている以上、ただその家の子どもであると言うだけで家にいる権利があると言うような甘ったるい教えはない。たまに、誰かが入れ知恵をして「それは親の養育義務に反する」などと言おうとすれば、「わかった、お前と刺し違える覚悟は最初からあるから、と言い放つ。自分一人では生きていけないことを知っている上に、それが自分のわがままだと理解している子どもは何も言えなくなる。家庭児童相談所でも警察でも何でも呼んで来い」中学生くらいになると、いちいち殴る必要もない。きちんと、義務を果たさなければ、人間としての権利は与えられないと教え込んでおけば良い。その義務の一つが労働なのだ。

幼児が小学校において増加していることに注目しなければなりませんしたがって

ただし、働くという意識がないように育つことで現れる才能もある。自分の好きなことをとことん追求しているうちに、稼ぐようになっていたという人がいることも確かだ。だから、本当に何かに打ち込んでいる子どもには、それにとことん打ち込ましてやるのも悪くはない。その代わり、その子どもにはそれがお前の使命だと言うくらいに、打ち込ませるのだ。好きにさせているのだと言うのは、全くの見当違いだ。

子どもについては

幼児が挙げたら

子育ての期間を
歌がうまければそのことを、苦手な数学をがんばっているのであれば点数に関係なくがんばっていることをほめてあげてください。間接的にほめる間に誰かを入れてほめると、喜びは倍増します。たとえばテストの点が上がった時、まずお母さんがほめます。次の朝、お父さんから「点数上がったらしいな。お母さんから聞いたよ、すごいな」とほめられます。

よく温めるために「一、二、三、四」と数を数えさせるお母さんもあります。温めながら、数の学習をさせようというわけです。しかし、私の孫との入浴は、まったくちがいました。遊びを第一にしました。ですから、孫は、おじいちゃんと入浴するのが大好きでした。私は、洗い場のところにお風呂用マットを敷き、そこにあぐらをかきます。

子ども同士で言い合いをしているうちはなかなか話が進みませんが

そして、洗面器とポリバケツとを六、七個並べ、その中にお湯を入れます。すると、孫は、大小のそれらに入ったり出たりして楽しみます。その間、シャワーをかけてからだを温めるのですが、それがお湯のひっかけっこになることもあり、孫にとっては楽しいひとときとなります。そうしながら、石鹸で洗います。孫は、自分で石鹸を握ろうとしますが、小さな手から何べんも石鹸がすべり落ちてしまいました。「石鹸、ころりんすってんしゃん」と言うと、孫は声高らかに笑います。私が洗う番。孫もすなおに従います。

子どもの脳が育つこれ以上ない大事な時間だと心得て


育てる母親の愚をわらっていながらとにかく何かいいところに気づいたら、例r字がきれいになったなー」「くつひもの結び方、上手やね」すぐほめます。「早く来てえらいね」r姿勢いいなー」rあいさつが気持ちいいな」「早起きしてすごいな」r最近がんばってるなー鉛筆の持ち方きれいやな」「ご飯全部食べられたね」「元気がいいな!」rやさしいね」ピンポイントでほめるその子がほめてほしいと思っていることをピンポイントでほめます。これをするには子どもの様子をよく見ることが必要ですが、お父さんやお母さんなら簡単なことだと思います。その子が今、自信のあることやがんばっていることをほめてあげてください。勉強のことでなくてもかまいません。

子どもに急がせたりして

歌がうまければそのことを、苦手な数学をがんばっているのであれば点数に関係なくがんばっていることをほめてあげてください。間接的にほめる間に誰かを入れてほめると、喜びは倍増します。たとえばテストの点が上がった時、まずお母さんがほめます。次の朝、お父さんから「点数上がったらしいな。お母さんから聞いたよ、すごいな」とほめられます。

抑圧を受けることの少なかった幼児では


子どもの言葉を引き出す会話を行うのですそうか~
おべんとうや給食は、そしてそれでおなかがすく場合はおやつにするめやおにぎり、と子どもをはげましましょう。乳製品などの軽食を。いまの小学校では偏食がもしおべんとうを残してくるなら食べきれる量に減らしましょう。ただし好き嫌いはなくしたいので「がんばって一口は食べよう」早食いでよくかまずに飲み込んでいます(2才·女の子)幼児には、まる飲みできない大きさの食品を。小学生には、早食いのデメリットを説明2才くらいの子がまる飲みするときは、まる飲みできない程度の大きさの食品を前歯でかみとって食べる練習をしていきましょう。やわらかすぎてまる飲みしているようなら、のどにつかえない程度のかたさに調理します。

子どもが自分で教科を選び

生なら、「早食いして食べ物をのどに詰まらせると、命にかかわることもある」よくかんでゆっくり食べるよう教えることが大切。ちょっとしたことですぐに泣いてしまいますうちの子はしかられたときや気に入らないことがあったときなど、とにかくすぐに泣きます。何かにびっくりしたときにさえ泣いてしまうのですが、どこか心に問題があって泣くのでしょうか?(4才·女の子)泣くのは防衛本能の表れなので、せずに。理由を話せるような言葉がけを!よく泣くのは悲しい。怖い.びっくりしたなど、強い感情をいだいたときの感情をコントロールできず、防衛本能から涙が出てしまうということでしょう。