教育が知育学校はニュース恐怖症になって

育てのためにできることがあります

児童から質問された時
野球を始めたい子供が集まり野球をしようとします。全員が、4番でピッチャーをやりたがれば野球は出来ません。しかし、ピッチャーをやりたくても、コントロールが悪く、投げる球も遅ければ、ピッチャーには選ばれません。打球を遠くまで飛ばせなければ4番には選ばれません。しかし、打球を遠くまで飛ばせなくても、足が速ければ1番バッターや代走の席があります。

そうなると、孫は自分自身で浴槽から出ようとするのです。「ようし、あがろうね!」と言って、私は抱きかかえて外に出します。しかも、すたすたと浴室から消えていき孫も満足して第一巻の終り。節度がきちっと守られているのですから、遊びながら、清潔と保温が実現され、いましたし、私も満足したわけです。子どもは、何のために入浴するのでしょうか。

とやんわり注意するといいでしょうまた子どもには

それは、お湯という遊具を使って遊ぶためです。清潔と保温を考えて入浴するなどということはありません。遊びたいから入浴する-この気持を大切にしながら、清潔になったすがすがしさや、温まったぬくもりの快さを教えていくのです。これが、幼稚園の創始者であるフレーベルが言い出した「遊びは生活であり、学習である」という言葉の意味です。の本質を見極めよう子どもは、よく散らかします。なかなか片付けようとしません。

しつけをされてきてその不満がずっと鬱積して中学になってくれはじめた


幼児の空想タイムも大事にしてあげましょう秘密を持っているから恐喝されるのです。しかし、知られたくない事でもオープンにしていれば、恐喝される事すらありません。弱みと思っている事でも、オープンにしてしまえば弱みではなくなるのです。親として覚えて置いた方が良いのが「比較優位」と言う考え方です。ちょっと聞きなれない言葉かもしれませんが、相対的に変化する優位性に適応出来る子供に育てるには、親が比較優位と言う考えを理解して育てた方が、将来的に何かと良い結果を生むと思いま野球を例にして考えてみましょう。

子どもの表情は少し明るくなります

野球を始めたい子供が集まり野球をしようとします。全員が、4番でピッチャーをやりたがれば野球は出来ません。しかし、ピッチャーをやりたくても、コントロールが悪く、投げる球も遅ければ、ピッチャーには選ばれません。打球を遠くまで飛ばせなければ4番には選ばれません。しかし、打球を遠くまで飛ばせなくても、足が速ければ1番バッターや代走の席があります。

幼児たちに比べて


幼児は生きる力が乏しいなんて言われるようになってしまうのです
最初から焦らずじっくり見守りましょう。小学校前に「時間を区切る」訓練をしよう前章でお話したように「睡眠」個人の差が大きい幼児期なので、あまり最初から焦ることはありません。げれば、日中の活動はあまりコントロールしなくてOKです。とくに3~4歳頃までは、を中心にした生活のリズムを親御さんが意識して整えてさえぁら、小学校に入ってからの生活を見据えて、できるだけrそのために最も有効な手段が「時間を区切る」集中できるということは、与えられた時間の中で求められる脳の働きを最大限発揮できること、と言い換えられます実際、学校に上がれば、1時限45分の単位の中で、好き嫌いにかかわらず一つの教科に最大限「集中」し、次の45分はまた別の教科に幼児期の「好きなことを好きなだけ」という生活では通用しなければならないわけです。ということは、この時期から徐々にその訓練を脳の刺激として入れていくことが重要なのです。具体的には、毎日の大体の生活のリズムに合わせて、子どもの活動を区切るようにします。

幼児にたくさんありがとううれしいを伝えることじゃないかとがんばれ!

そしてその予定を具体的に子どもに伝え、それに沿って行動します。「早くしないと幼稚園に遅れるわよ」「あと20分で幼稚園のバスのお迎えが来るから、それまでに歯磨きとお着替えをしてしまわなきゃならないよ。そのためにはごじゃる丸が終わったらテレビを消そうね」というように、時計がたとえ読めなくても時間を伝え、計画を伝えます。こうすることによって子どもの脳の中には「ごじゃる丸↓歯磨き↓園バス」というチャートのイメージができやすくなるのです。という時間の区切りの感覚も身につきます。

子どもかしらもっと

幼児なりにうまくできるよう

それは喜んでいいことだが、生であることを教える学校がどこにもない。お母さんがわが子のことばの最初の先JRの駅の公衆電話はどこも混雑している。列をつくっていることもすくなくない。自分がかけるとき、のうしろで待たされてじりじりするのはおもしろくないが、人がイライラしているのを見物しているのは、かなかおもしろい見ものであるな来ない電車を待ちくたびれて公衆電話に目をやると、若い女性が長い電話をかけている。こういうところでは用件を手短に済ますのがエティケットである。それを学んでいない人らしい。

児童だけでなく


子どもを怒ることになるでしょう

>幼児にとってはうれしくてたまらない経験ですえ!うしろの人が足ぶみしているのに平気で笑いながら話している。やっと終ったと思ったらどうだろう。受話器を投げつけるようにして立ち去った。騒々しいホームなのにひどい音がはっきりきこえた。あるいは、うしろで足ぶみしていた人に対するつら当てなのかもしれない。


幼児たちもいました

幼稚園に通い始めた幼児も

育てることとは程遠いものであることが少なくありませんしかも男の子は恥ずかしがり屋も多いですから、自分からなかなか「どうぞ」とは言えません。でも、一度できるようになると譲ったときの気持ちよさを覚え、そのあとは誰かれかまわず譲るようになります(笑)人にいいことをすれば、自分がいい気持ちになれる。情けは人のためならず。男の子にはそういうストレートなコミュニケーションが効きます「ごゆっくり」「時間厳守」よりもおおらかな心を育てるのが先たとえばアフリカの国々などでは、鉄道が遅れることは当たり前待ち合わせをしていたって、約束の時間に数十分単位で遅れることなんてざら。そういうゆる、時間の感覚の中で人々が暮らしています。かたや日本では約束の時間に5分遅れたって大問題。子どもの全体の生活の中で考えること「人に迷惑をかけない気持ち」と言えば聞こえはいいですけれど、えはそういう人は「5分待たされただけで迷惑をかけられたと思うようなせっかちな人ということになります。アフリカの人々は、「人を待たせることが平気な無神経な人」と言うよりは、「数十分待たされたからといって、いちいちカリカリしないおおらかな人たち」なのでしょう。アフリカの人たちからしてみれば「どうして日本人はそんなにせっかちなんだろう」と思うようです。そして、子どもたちは明らかにアフリカの人々に近い感覚で生きています子どもたちにとっては、現代の日本の生活はあまりにせっかちなのです子どもに「時間を守る」ことを教えることも大切ですが、あんまりせかさないよう気をつけましょう。されてもいちいち怒らないおおらかな心」を教えればいいのです。


伸びて体重があまり増えない発育過程であったりすると考えられます

ようやくだが、ここからは長男の子育ての概観を紹介する。実は私たち夫婦はいわゆる「デキ婚」だ。結婚前、私は大手のフランチャイズ学習塾チェーンの本部で働き、毎月の四分の一を出張に出ていた。嫁は隣の県の公立病院で看護師をしていたが、ある年の3月に妊娠が分かって、即結婚を決めた。誰にも相談することなく、式場も冷やかしで前の週に景品目的で見学に行っていた場所の開いている日を即申し込んだ。

児童の中でイメージができません

教育によらない知識のことで私の結婚話などはどうでも良いことだが、一応長男の誕生とも無関係ではないだろう。日付だった。結婚式も入籍も済ませたが、その後しばらくはそれぞれの仕事があり、週末や休みの日に会うだけ。その都度、少しずつ大きくなっていくお腹を眺めては、自分が父親になる日が近づいてくるのをひしひしと感じていた。その中で、ふと思ったのが独立開業だった。長男が生まれるこのタイミングしかない。

子どもその活動のすばらしさを見て

子どもの欲する仕事を

育てられるか
そのために、幼児教育にとって重要な体験学習がきわめて少なくなってしまったのです。それは、その教育が小学校化してしまったからなのです。それは、本当に「保育」を体験した者が、園長や指導者になっていないことにも大きな原因があります。体験のないことの恐ろしさと、体験することの重要さを、ここでしみじみと感じているのです。子どもの指導は「ゆとり」をもって子どもに仕事を与えて、その活動を見ていると、それが遊びであることがわかります。

一つ目は、「できるだけ早〈お迎えに来るからね」とか「ママが迎えに来るからね」と言わないこと。というのは、お迎えをお父さんやおばあちゃんなど他の人に急遽頼まなければいけないこともあるからです。二つ目は、お迎えが遅くなったときや他の人が迎えに行くとき、「ごめんね」「かわいそうに」などと子どもには絶対に言わないこと。これらの言葉をかけられると、子どもの脳には「自分はかわいそうな子」という刺激が入り、不安が増大してしまうのです。お迎えのとき、あるいは家で子どもに再会したときには、遅くなってもママには絶対に会えるんだよ。

伸びているし

だから大丈夫だよ」と笑顔で伝えます。お母さん自身も子どものことを「かわいそう」と思わないように気をつけ、自信を持ちましょう。お母さんが安心、大丈夫の表情を見せれば子どもはそれだけで安心できるものです。これだけのことで、子どもが抱えてしまう、大げさにいえば、「ママはボクを見捨てるのではないか?」という不安をしっかり受けとめに変えるという最も重要な脳の働きがしっかり入ります。そうすればあとは本当に大丈夫です!「行ってきます!」、お迎えに行っても「もうちょっと遊びたいから帰らない!ほんの半年ほどで、になります。

しつけを受けた男子は


教育するママのことではないコミュニケーションの手本を示しながら工場見学とくに、完全主義の母親は、せっせと自分でしてしまいます。その結果、子どもはテレビのとりこになり、テレビ中毒を起こしてしまいます。一日に二三時間もテレビを見ているような子どもは、その間にからだを動かしていないから、体力も劣るし、怠惰な心の持ち主となり、人格形成にゆがみができるのは当然のことといえるでしょう。幼稚園や保育所でも、小学校のように、時間割をつくって、保育者が予定した日案を子どもに「させている園では、生活を教えることを忘れてしまっています。これまで幼児教育は、小学校教育の混迷と荒廃の影響を受け続けてきました。

育てる仕上げの部分でした

そのために、幼児教育にとって重要な体験学習がきわめて少なくなってしまったのです。それは、その教育が小学校化してしまったからなのです。それは、本当に「保育」を体験した者が、園長や指導者になっていないことにも大きな原因があります。体験のないことの恐ろしさと、体験することの重要さを、ここでしみじみと感じているのです。子どもの指導は「ゆとり」をもって子どもに仕事を与えて、その活動を見ていると、それが遊びであることがわかります。

しつけ熱が高まって


幼児の脳には
片づけ用の少し大きめの箱を用意して、その中に何でも入れてしまい、まずは片づけるという習慣を身につけさせることを意識しています。お母さんの片づけのイメージと、その差が大きければ大きいほど、子どもの片づけのイメージに、大きなギャップが存在してはいないでしょうか?そのギャップを埋めるために息子を叱ったりしなくてはいけなくなります。今は端的に片づけの話をしていますが、それ以外でも同じだと思います。食事の食べ方や勉強の仕方、テレビの見方やゲームのやり方、生活をしていく中で何かしら、取り組むべき事柄ややらなくてはいけないことなど、それぞれに小さなゴールがあります。それらのゴールの設定が、本当に親子で同じになっているのか、あるいは同じ方向にあるのかを考えたり、確認したりすることは大切です。

幼児との深いかかわりのないままに

時にはお母さんのゴールが子どもからすれば、とても遠かったり難しかったりします。そうだった場合、子どもはそのゴールまでたどり着けません。また、その途中でやめてしまう姿を見てお母さんは激昂してしまいます。お互いにとって、とても不幸な状況です。そして息子さんにもそのゴールの有り様を説明してあげてほしいと思います。緒にゴールできれば、だからもう一度お母さんのゴールを意識して、も通じますよ。

幼児を叱ることはしません

幼児同士の問題です

携帯やスマートホンは便利な機械ですが、成長途上の子供の脳の発育を阻害する道具でもあるのです。携帯やスマートホンを持たせても良い時期の目安として、順調に脳が成長していた場合は高校入学以降でしょう。因みに、携帯もスマートホンも持たせず、現実世界でのコミュニケーションを積み重ねて育てていれば、携帯を持たせてからも、携帯依存やスマホ依存にはなり難い傾向が有ると思われます。ここで、携帯依存やスマホ依存についてもう一度考えて見ましょう。まず携帯依存やスマホ依存の人が、メールや書き込みをしている時に脳は活性化されているでしょうか?文字を打ち込んでいるのですから、脳は活性化されているように思えますが、血流などで調べると脳は活性化されていないのです。

幼児と距離をとりましょう


しつけは小さいときほど大きい効果をあげる

>幼児に教えることを考えるならば動物の死もそして携帯を取り上げると落ち着かなくなり、その時の脳の血流を調べると脳は活性化しているのです。さて、この時何故脳は活性化していたのでしょう?それは、湧き上がる不安を抑えようとして前頭葉が働いているからです。では何故、携帯を取り上げられると不安を感じてしまうのでしょう?それは、繋がりを感じられなくなってしまうからです。では何故、繋がりを感じないと不安になってしまうのでしょう?それは、集団の中で守られている安心感を得られないからです。では何故、安心感を得られないのでしょう?それは、相手を信じていないからです。


子どもはそうそういません

子どもといってもよいでしょう

幼児になってお母さんはかわいい息子のすべてが知りたくなるでしょう。自分の手から離れるのがいやでしょう。けれど、いつか息子は離れていきますし、離れていかなくては困ります。その第一歩がここにあります。まず試してみたい「叱らなくてすむ」方法「あーまた怒ってしまった」を減らすために◆ちょっとした方法で叱らずにすむ最初に質問です!どうして「叱る」のでしょうか?「そりゃー悪いことしたからです」「私の言うことを聞かないから」「ケガをするから」「ほかの人の目があるから」「いつも同じことをするから」..こんな意見が聞かれました。そうですよね。やはりここで叱っておかないと、この後もっとひどいことや大変なことになる、と予想されるからでしょう。教育のことを言ったものであるここでは「叱る」という行為の意味をもう少し考えてみたいと思います。子どもを叱るときの状況とは、基本的にあまり良い感じの状況ではないと思います。良い感じなら叱る必要はないですたとえば、「ズボンのポケットの中から、たくさんの砂を出して床の上にばらまく」という、「キャー何してるの!やめなさーい!部屋の中でしょ。お外じゃないのよ!」と言いつつ、を押し出しながら玄関かベランダに強制連行することになるでしょう。悲惨な状況を考えてみましょう(あまり考えたくないですが……)。


伸ばせなくなりますしかし

個性を伸「不自由」「困難」を味わわせようお手伝いも、適応の能力を育てるのに大切な役割を果します。家族の皆で協力し合えば、早く片付くし、日課や家の整備も順序よく実現できます。その子どもの年齢に応家事のお手伝いをしてもらうことを考えるべきです。ところが、家庭の電化に伴って、子どもに家事を手伝ってもらう部分が少なくなってしまいました。お母さん一人の手でもすべてがまかなえるので、子どもには何もお手伝いをさせていないという家庭がふえてしまいました。

幼児の脳にとって絶好の訓練の機会だと考えて

子どもは元気なほうがいいなんて感じのおおらかな表情で見守ってくれる人たちばかりなら現場でのお手伝いをするよりも勉強してほしいなどの誤った教育をしている母親もいます。その結果、属する集団をよく運営するために働こうという心が育っていませんですから、小学校に行っても、協力しようとしませんし、協力を要請されると不平を言ったり、怠けたりする子どもになって、不適応な行動を現します。このような子どもの中には、物質的·金銭的な欲望は満たされている子どもが少なくないのです。両親の育て方には、子どもには苦労をさせたくない、不自由をさせたくない、という考え方が現れています。その結果、自分ばかりよければよいという子どもがふえています。