幼児たちはいたずらや冒険をさかんにしましたですから

幼児の言うことをかなえてやる必要はかといって

事前に勉強してもらうマターニティ·スクールというものがどうしても必要である。私は年来、そういうことを声を大にして、あるいは禿げたペンをふるわせて主張しているのだが、耳をかたむけてくれる人はすくない。このごろでは、半ばあきらめの心境になっている。お母さんたちは本当にこどもの成長を願っていないのかもしれないとさえ思い始めここで、マタ-ニティ·スクールの構想をご披露するのは適当でない。しかし、お母さん先生となるにはすくなくとも、こういうことを心得ておいていただきたいという点をひとつお話ししてご参考に供する。

学年で唯一の手芸部男子で男の子の集中力を伸ばしつつ


育てていってください!

>しつけの中でお母さんは赤ちゃんの国語の先生であるということ。お母さんのことばがそのままこどもへうけつがだからこそ、その土地の方言などがいっまでも変らないで残る。インテリのお母さんが、たとえば「00画伯の色彩ってユニークよね。印象的に言うとなどという会話をする。大人の間ならそれでいいのだが、赤ちゃんに向かってそんなことばを使っては困る赤ん坊には文字、とくに漢字にしてみなくてもわかるような、きいただけでわかることばでなくては役に立たないのである赤ちゃんがまったく知らないことばを覚えるのは実にすばらしい。能力である。


幼児が不安になってわがままを言ったり

室内でお友だちと動き回って遊んでいた子どもが

子どもの心理について十分に理解していないことをあげることができますピアノなどは部屋のスペースをとるので、邪魔もの扱いにされているようなことはないでしょうか。さらに、その家庭の子どもの情操が豊かかどうかについても検討してみる必要があります。それらについて検討した上で、自分の子どもに音楽を習わせるかどうかを決めることにしましょう。旧西ドイツの幼稚園はピアノを全廃近頃の風潮として、音楽にしても絵にしても、幼いころからやらせることがよいようにいわれることがあります。しかし、そのことについてはいろいろな角度から検討してみなければなりません。幼児自身にやることや終わらせる時間を決めさせることが大切ですたとえばとくに、それは幼児に対する音楽教育についていえるのです。音楽に伝統を持つオーストリアや旧酉ドイツの幼稚園で、ちにピアノをきかせて教育することはほとんどないのです。ピアノを全廃したのをご存じでしょうか。もちろん、ピアノをおいてある幼稚園は、ごく少それはなぜでしょうか。幼児教育の専門家たちが、いろいろと検討した結果、そうなったのです。


自発性の発達している幼児は

ほめるときも、やっぱり「今·ここ」で◆シンプルに、プロセスもほめるそれでは「良いほめ方」考えてみれば当然です。とはどのようなものなのでしょうか?実はこれは「叱り方」とほとんど共通しています。「叱る」も「ほめる」も息子という同一の対象に対して、お母さんのいろんな思いや願いや感情を伝えるということなのですから。「叱り上手」「ほめ上手」とです。息子との関わり方の基本がここにあります。

子どもはわざわざママを困らせようとしているわけではありません

子どもの状態を伝えて具体的には以下の3つのことを実践してみましょう。「今、ここ」ズボンが破れていても関係ないですし、寝癖があります。を全力で生きています。後ろも上も見えません。1日が猛スピードで流れているようです。止まると死にます。マグロです。基本的に前しか見ていません。だからお母さんが「昨日はありがとう」「嬉しい」「すてき」「よかった」と思ったことは、その場でその瞬間に伝えましょう。

幼児には自己統制の能力が育ち

幼児同士の誓いは

サクラを切って、ウメを伸ばし放題にすれば、どちらも失敗こどもにもサクラ型とウメ型がある。このごろの親たちが甘くなって、見さかいなくサクラ式に、とをさせるのを親心と勘違いする。ウメキラヌバカの親が何と多くなったことであろう昔はサクラまで切って、それを厳格と錯覚した。その反動としてウメまで切らずに置く困った流行がおこったものと思われるこどものくせを見て、サクラ型教育がいいか、ウメ型がいいかを決めて行くべきであろう。キルがいいか、キラヌがいいかをきめようとするのは乱暴である相手かまわず父親が転勤になると、こどもの教育のために母と子は残って、単身赴任というのが多い。

子どもたちに代って叫び続けなけ第一に

こどもに転校の苦労をさせるのはかわいそうだと考えるのが親心らしいが、すこし見当が違っていはしないか。ここでまた植物の話になるが、農作物の中には苗床で育てたものを移植するものがすくなくない。ないどころか、ほとんどの畑の野菜は苗を移植する稲なども、苗しろにつくった苗を移す田植えをする。じかにタネをまくことはしない人間だって、生れたところを動かずに、じっとしているのがもっとも恵まれているかどうかは疑問であるより大きな成長が期待できる。あえて移植というショックを与えることで、多いはずである転校して伸びるこどももせっかく移植の機会があるのに、か言いようがないことさらにそれを避けるのはどういうことか。

 

子供の中でイメージができません

あるところで講演をした教育は小さいときほど大きい効果をあげる。鉄は熱いうちに打て、これは鉄工所の教訓ではなくてそんなことを話した。教育のことを言ったものである。教育は熱い鉄を打たなくてはいけない。とで、きいていた学校の人の中から質問が出た。さきほどから、さかんに、打て、打て、と言っておられるが、講師は、スパルタ教育をせよといわれるのかという質問である。これには驚いた。鉄だから打て、というのである。
育児の女性化が始まった

わが国の大人も幼児も

決して体罰を与えよなどとすすめているわけではない。まさか、そんな誤解をする人はあるまいと思って、さかんに、打て、打てと言っていたがこういう聴衆がいては安心ならない。このごろは、二言目に、教育である。新聞はいち早くこの風潮を察知しているらしく、何とかして、学校をニュースのたねにしようとしているように見受けられる。入試の問題が洩れた。それ〉と各新聞が色めき立つ。せっかくの特ダネである。

子どもの食に関してお母さんたちがいつも悩んでいることそのものが

だから息子さんは小学1年生になることができました。またお母さんも一生懸命戸惑いながら、そして不安になりながらも、そんな彼を認めてきたのでしょう。◆9~12歳一番おバカな頃息子さんは少ししっかりしてきましたか?それとも年々おかしくなってきましたか?番アホな時期がここだと思います。地上最強のアホ男子軍団の成立でしょう。個人的な意見ですが、自分を振り返っても、そして3人の息子たちの育ちを振り返っても、子どもたちにとって、毎日がとても楽しくて、そして友達との関わりから影響を受けて、自分自身をつくり上げていく時期です。

幼児は遊びのなかで五感を使うことで

これまではいろいろなことがあるとしても、やはり親の庇護のもと、家族の影響を大きく受けてきました。その家族との安定した愛情にあふれた関わりの中で、自分という人間の土台を築きましかしこの時期からは、その家族との土台を基礎としながら、学校や地域という社会の中で友達との密接で充実した関係性を築くのです。お母さんと少し距離が出てきたり、秘密や隠し事が出てきます。それでいいのです。そこから思春期に向けて「自分」というものを模索し、つくり上げていくことになります。だから秘密を許してあげてください。