教育が知育学校はニュース恐怖症になって

育てのためにできることがあります

児童から質問された時
野球を始めたい子供が集まり野球をしようとします。全員が、4番でピッチャーをやりたがれば野球は出来ません。しかし、ピッチャーをやりたくても、コントロールが悪く、投げる球も遅ければ、ピッチャーには選ばれません。打球を遠くまで飛ばせなければ4番には選ばれません。しかし、打球を遠くまで飛ばせなくても、足が速ければ1番バッターや代走の席があります。

そうなると、孫は自分自身で浴槽から出ようとするのです。「ようし、あがろうね!」と言って、私は抱きかかえて外に出します。しかも、すたすたと浴室から消えていき孫も満足して第一巻の終り。節度がきちっと守られているのですから、遊びながら、清潔と保温が実現され、いましたし、私も満足したわけです。子どもは、何のために入浴するのでしょうか。

とやんわり注意するといいでしょうまた子どもには

それは、お湯という遊具を使って遊ぶためです。清潔と保温を考えて入浴するなどということはありません。遊びたいから入浴する-この気持を大切にしながら、清潔になったすがすがしさや、温まったぬくもりの快さを教えていくのです。これが、幼稚園の創始者であるフレーベルが言い出した「遊びは生活であり、学習である」という言葉の意味です。の本質を見極めよう子どもは、よく散らかします。なかなか片付けようとしません。

しつけをされてきてその不満がずっと鬱積して中学になってくれはじめた


幼児の空想タイムも大事にしてあげましょう秘密を持っているから恐喝されるのです。しかし、知られたくない事でもオープンにしていれば、恐喝される事すらありません。弱みと思っている事でも、オープンにしてしまえば弱みではなくなるのです。親として覚えて置いた方が良いのが「比較優位」と言う考え方です。ちょっと聞きなれない言葉かもしれませんが、相対的に変化する優位性に適応出来る子供に育てるには、親が比較優位と言う考えを理解して育てた方が、将来的に何かと良い結果を生むと思いま野球を例にして考えてみましょう。

子どもの表情は少し明るくなります

野球を始めたい子供が集まり野球をしようとします。全員が、4番でピッチャーをやりたがれば野球は出来ません。しかし、ピッチャーをやりたくても、コントロールが悪く、投げる球も遅ければ、ピッチャーには選ばれません。打球を遠くまで飛ばせなければ4番には選ばれません。しかし、打球を遠くまで飛ばせなくても、足が速ければ1番バッターや代走の席があります。

幼児たちに比べて


幼児は生きる力が乏しいなんて言われるようになってしまうのです
最初から焦らずじっくり見守りましょう。小学校前に「時間を区切る」訓練をしよう前章でお話したように「睡眠」個人の差が大きい幼児期なので、あまり最初から焦ることはありません。げれば、日中の活動はあまりコントロールしなくてOKです。とくに3~4歳頃までは、を中心にした生活のリズムを親御さんが意識して整えてさえぁら、小学校に入ってからの生活を見据えて、できるだけrそのために最も有効な手段が「時間を区切る」集中できるということは、与えられた時間の中で求められる脳の働きを最大限発揮できること、と言い換えられます実際、学校に上がれば、1時限45分の単位の中で、好き嫌いにかかわらず一つの教科に最大限「集中」し、次の45分はまた別の教科に幼児期の「好きなことを好きなだけ」という生活では通用しなければならないわけです。ということは、この時期から徐々にその訓練を脳の刺激として入れていくことが重要なのです。具体的には、毎日の大体の生活のリズムに合わせて、子どもの活動を区切るようにします。

幼児にたくさんありがとううれしいを伝えることじゃないかとがんばれ!

そしてその予定を具体的に子どもに伝え、それに沿って行動します。「早くしないと幼稚園に遅れるわよ」「あと20分で幼稚園のバスのお迎えが来るから、それまでに歯磨きとお着替えをしてしまわなきゃならないよ。そのためにはごじゃる丸が終わったらテレビを消そうね」というように、時計がたとえ読めなくても時間を伝え、計画を伝えます。こうすることによって子どもの脳の中には「ごじゃる丸↓歯磨き↓園バス」というチャートのイメージができやすくなるのです。という時間の区切りの感覚も身につきます。