育児の基盤になると言ってよいのである

子どもの才能です

不登校になったりする確率がとても低くなるのですこの章では子どもを
残念なことに、自転車の前や後方に子どもを乗せているお母さんに、この行動がよく見られます。たかが数秒、数分です。そんなに急いでも長い人生、大して変わりません。子どもの前では正直でいてください。私自身も、車の来ない信号待ちでは、赤でサッと渡りたいところでも、お子さん連れが信号待ちをしていれば、じっと「がまんの子」、青信号で渡ります。私が赤で渡ってしまったら大人として子どもに示しがつきません。子どもは社会全体で育てるもの。

大きなお兄ちゃんみたいになってきたね!お父さんにも報告しよう!」お母さん自身の言葉や思いを乗せることによって、より具体的で子どもの心に届く言葉になると思います。◆ほめられることで価値基準をつくっていく子育ては親の価値観を押しつける行為です。「押しつける」と言うと少し乱暴に聞こえるかもしれませんが、「良い·悪い」の判断基準をしっかりと子どもの心につくるのは、やはり親の役割でそのためにもお母さんが良いと思うこと、また同時に悪いと思うことを、しっかりと言葉にして、息子さんに伝えていきましょう。価値基準をつくってあげましょう。そのときに大切なのは、一般的な言葉ではなく、お母さんが本当に何を良いと思い、何をダメと思っているかダイレクトに伝えることです。

幼児の生活史を点検してみますと

その経験を何度も繰り返すことにより、子どもは自分の心の中にいろいろな価値判断の物差しをつくっていきます。子どものすることは、良いこともそしていけないことも含めて、ら受け継いだ価値基準に基づいているということです。「子どもは親の鏡」と言います。ほめられることが多い子どもも、叱られることが多い子どもも、そのようになったのはやはり親の育て方によるものが大きいと思います。とは、子どもの行動を認めることにより、子どもの善悪の価値観や判断基準を、心の中につくっていくプロセスということもできます。だからとても大切なことなんです!いたずらばかりの息子にも、ほめどころはいっぱい「よく見る」ことでいくらでも見つカると「ほめる」、どちらが難しいと感じますか?どちらも息子を良くしたいというお母さんの思いです。

子どもになることさえもあります


子どもの要求を断ることが多かったものです信号が青に変わったら右左を見て手を上げて渡る。信号がチカチカしたら渡らないず教えてください。絶対にしてほしくないのは、「大人と一緒だから特別だよ」などと言って、車が来ないからと、赤信号で渡ったり、青信号の点滅で無理に走って渡ることです。確実に子どもは親のした事を真似をします。言う事と行動の異なる大人は子どもから信用されません。

否定型の会話のパターンに慣れてしまっている幼児は

残念なことに、自転車の前や後方に子どもを乗せているお母さんに、この行動がよく見られます。たかが数秒、数分です。そんなに急いでも長い人生、大して変わりません。子どもの前では正直でいてください。私自身も、車の来ない信号待ちでは、赤でサッと渡りたいところでも、お子さん連れが信号待ちをしていれば、じっと「がまんの子」、青信号で渡ります。私が赤で渡ってしまったら大人として子どもに示しがつきません。子どもは社会全体で育てるもの。

子どもに勇気を教えいいよかっこいいなごめんなさいと言える寛容性ももれなくついてきます


子どもに接すると
つまり家族で協力して暮らしている以上、ただその家の子どもであると言うだけで家にいる権利があると言うような甘ったるい教えはない。たまに、誰かが入れ知恵をして「それは親の養育義務に反する」などと言おうとすれば、「わかった、お前と刺し違える覚悟は最初からあるから、と言い放つ。自分一人では生きていけないことを知っている上に、それが自分のわがままだと理解している子どもは何も言えなくなる。家庭児童相談所でも警察でも何でも呼んで来い」中学生くらいになると、いちいち殴る必要もない。きちんと、義務を果たさなければ、人間としての権利は与えられないと教え込んでおけば良い。その義務の一つが労働なのだ。

幼児が小学校において増加していることに注目しなければなりませんしたがって

ただし、働くという意識がないように育つことで現れる才能もある。自分の好きなことをとことん追求しているうちに、稼ぐようになっていたという人がいることも確かだ。だから、本当に何かに打ち込んでいる子どもには、それにとことん打ち込ましてやるのも悪くはない。その代わり、その子どもにはそれがお前の使命だと言うくらいに、打ち込ませるのだ。好きにさせているのだと言うのは、全くの見当違いだ。

幼児の見方を変えていただくように

また副作用として子どもが今

本書を読み、何処の部分に問題があったのかを知れば、ACを生んだ原因を改善する事も可能になります。自分の子供がACなら、何が足りなかったのかを知り、子供にその部分を補う接し方をすれば、ACの生み出す要因を無くす事も可能になりますし、自分がACであれば本書に書いている「する接し方で親に接し、親を改善する事により自分の中の要因を無くす事も可能になります。子育てが何年も掛かるのと同じ様に、直ぐに効果が出る訳でもありません。心境の変化は確実に出て来ると思いますし、実際にアドバイスを送って試した人はかなりの効果が出ています。「親は絶対に自分を認めてくれない、親に何を言っても無駄」と言っていた人に送ったアドバイスの実例です。

子どもの言い分をよく聞きますそして

私は「手紙」を送る事を提案しました。その手紙には、親に対する不平不満や恨み辛みを書く様に指示し「あの時私は悲しかった」など、自發の中に押し込めていた事を思い出せるだけ書いて、親に送りつける様にアドバイスをしましまず、手紙に書くと言う事は、心の中に溜め込んだ物を吐き出せますので、それだけでかなり心が楽になる効果があります。実際にその手紙を出せば、親が子供の心の葛藤を知る事になり、関係が改善されるケースが多く、その結果病気を生み出していた要因が無くなり、病気も劇的に治癒したケースも少なくあまたACだった子供が、自分の親に本書で書いている社会性を持つに至る親の子供に対する接し方で親に接する事で、つまり、社会性を持つに至る過程さえ踏襲出来れば、ACの改善は可能なのですその為には、社会性がどのようにして備わるのかを知る必要があるのです。親のACと自分のACが共に改善されたケースもあります。無差別殺傷事件は何故無差別なのか無差別殺傷事件を起こす犯人は、口を揃えて「誰でも良かった」と言います。

 

大人からしてみればそんなこと頭で考えればわかるでしょ幼児です

そんな風に年々成長する子どもたちに、私たちはいつも同じ姿勢でいいのでしょうか?子どもが大きくなっても、幼稚園の時と全く同じ姿勢でいるお母さんが沢山います。あれしなさい」「これしなさい」中学·高校になっても細々と世話を焼き、口をはさみ、指示をする。成長した子どもからすると、これがとてもわずらわしいのです。そしてだんだん距離を取りたくなります。この「距離を取りたくなる」これが非常に危険なのです。
教育をしたいものですところが

子どもの姿であることを

なぜなら子どもが親から離れることで、親は子どもがどこで何をしているのかが解らなくなってしまうからです。望む·望まないに関わらず、子どもの責任はすべて親に帰ってきます。それなのに親が、子どもがどこでなにをしているのか、かといって、子どもに「何でも話をしなさい」と言ったところで、口を開くはずがありません。全く把握できないとしたら、これほど危険な事はありません。だとしたら、子どもの成長にしたがって、自分自身の関わり方を変えていく必要があるのです。

しつけ方針の齟齬で

その子のいいところをカードに書いて渡すんです。「弟にくつをはかせてくれてありがとう」一口「時々見返してニマッとしてる。食べたね」など。カードフォルダを持たせれば喜んで収集します。いいとこ、再認識してるんでしょ」と言っていました。じっくりさんには、「間接」ワザをお試しあれ。

幼児たちから目を離すことができませんまた

がっちりさん···「あんたが大将」がっちりさんに自信をつけるには、r任せる」です。あれこれ細かいことを言われるのが嫌い、指図されるの大嫌いです。こうと決めて、たい性分です。だから1人でやらせてください。「大丈夫?おつかいできる?一緒に行こうか?」なんて心配してはいけません。「ちゃんと『右見て左見て』してるかな」と後を追ってもいけません。自分で突き進んでいきほっこりさんには必要なフォローも、がっちりさんにはうっとおしいだけです。任せる時は、えらそうな肩書きをつけると喜びます。おつかい番長。

子供からお父さん

教育に失敗したら

夫婦それぞれの役割はこんなところにもあるのです。母親による児童虐待の原因を、母親だけにおしつけるのは誤りです。また、父親による児童虐待の原因を、父親だけにおしつけるのも誤りなのです児童虐待は、カウンセリングや、親が自分を責めることで治ったり解決することではありません。理由もなく子どもに対して、いらついてしまうのは、「存在感」がゆらいで消えかかっているからだ、ということをまず自分が、そしてすべての人が理解して対処するとよいのです。そして、子どもをよく抱くこと、夫によく抱かれること、太陽など自然界にすでに愛されている自分であることを体得すること、自分のこころの悩みを夫や友達に聞いてもらうことなどがいらついて子どもに当たってしまう母親の気持ちを治すよい方法でしょう。

育児のためなら何でもすると親たちは言う

たいとく「コアラ抱っこ」は一挙両得なのか?「コアラ抱っこ」二つの利点があるんせつだっきゅう三十年前、赤ちゃんの股関節脱臼の予防啓蒙運動を展開する準備をしていた時のことです。大学に入学したばかりの姪.M子にこの予防の話をすると、「コアラのように向かい合わせに抱けばいいのね!」と、すぐに理解してくれました。そのはつらつとした若い声が今も耳に残っています。それ以来、講演では「コアラのように、生まれたその日から赤ちゃんを抱きましょう」と話してきました「コアラ抱っこ」とは、コアラが赤ちゃんを抱く時の向かい合わせの抱き方のことです。コアラの赤ちゃんはあしを曲げ少し開いて母親に向かい合わせで抱かれています(コラム参照)われわれ人間の子育てにとっても、この「コアラ抱っこ」には次のような二つの利点があります一つは、赤ちゃんのこころを健康に育てることができること。

 

幼稚園に通い始めた子どもも

すると「自分の番なのにやらないなんてズルイ」などと色々な事を口にします。ここから質問型式の話に持って行きます。「ズルイと言っても、何をしていて誰が何をしたか分からないから、そこから教えて」と尋ねます。すると、事の経緯を話し始めます。「皆で遊んでいたらね」「誰々ちゃんがね」「自分の番なのにね」「やらないの」など等。
子どもに言葉を投げかけることが多いお母さんは00しなさいママはこうしとにかく人見知りが激しいんです人見知りがひどく

子どもからたくさんの言葉を引き出すために

そうした会話の中で、「誰々ちゃんはどうしてやらなかったのかな?」と質問します。すると「やりたくなかったんだと思う」などの答えが返ってきます。そうした答えが返って来たら「やらなきゃいけないのに、やらないと面白くないよね」と、子供の気持ちに沿った返答をします。すると子供は「そうでしょう!」と同意を得たような返答になります。そこでもう一度子供に確認します。

子育てをどう捉えるか何の為に

ところが、その間逆に位置するのがこの「否定の言葉」であり「強制、命令、批判、叱責、小言」なんです。親がやってしまう最も多いケースは、自介の物差しを子どもに当てはめてしまう事です。例えば「OOしなさい」という言葉を使う方は沢111います。それを言われた時に子どもはどう思うか?と言うと「せっかくやろうかな?と思ったのにやる気が無くなった」とか、「あ~あ、やらなくちゃならない、のか?嫌だな···」のように、それは決してプラスに取るのではなく、必ずマイナスに受け取られるんです。もしそのoowr勉強」であれば、勉強は辛いもの·もしその00が「歯磨き」であれば、歯磨きが面倒なもの、嫌なものというイメージを抱かせ、いうイメージを抱かせるのです。

子供の23ユニケーションはあなた自身も査てる

歯磨きは本来すっきりするはずです。勉強だって「知識を取り入れる」というのは、本来、楽しいことのはずなのです。でも、歯磨きや勉強という行動に対して、親の発する否定の言葉が子どもに「マイナの印象付けをしてしまい、その上やる気も奪う、というダブルでマイナス影響を与えるんですね。他にも「やめなさい」を使う事も多いですよね、例えば幼少期、子どもが興味を持って、いろんな事をし始めます。タンスを開けて中に入っているものを全部出してしまったり、洗面台に登って水を出して遊び辺り一面ピシャピシャにしてしまったりこのような事を多くの方は「イタズラ」と呼びます。