育児の基盤になると言ってよいのである

子どもの才能です

不登校になったりする確率がとても低くなるのですこの章では子どもを
残念なことに、自転車の前や後方に子どもを乗せているお母さんに、この行動がよく見られます。たかが数秒、数分です。そんなに急いでも長い人生、大して変わりません。子どもの前では正直でいてください。私自身も、車の来ない信号待ちでは、赤でサッと渡りたいところでも、お子さん連れが信号待ちをしていれば、じっと「がまんの子」、青信号で渡ります。私が赤で渡ってしまったら大人として子どもに示しがつきません。子どもは社会全体で育てるもの。

大きなお兄ちゃんみたいになってきたね!お父さんにも報告しよう!」お母さん自身の言葉や思いを乗せることによって、より具体的で子どもの心に届く言葉になると思います。◆ほめられることで価値基準をつくっていく子育ては親の価値観を押しつける行為です。「押しつける」と言うと少し乱暴に聞こえるかもしれませんが、「良い·悪い」の判断基準をしっかりと子どもの心につくるのは、やはり親の役割でそのためにもお母さんが良いと思うこと、また同時に悪いと思うことを、しっかりと言葉にして、息子さんに伝えていきましょう。価値基準をつくってあげましょう。そのときに大切なのは、一般的な言葉ではなく、お母さんが本当に何を良いと思い、何をダメと思っているかダイレクトに伝えることです。

幼児の生活史を点検してみますと

その経験を何度も繰り返すことにより、子どもは自分の心の中にいろいろな価値判断の物差しをつくっていきます。子どものすることは、良いこともそしていけないことも含めて、ら受け継いだ価値基準に基づいているということです。「子どもは親の鏡」と言います。ほめられることが多い子どもも、叱られることが多い子どもも、そのようになったのはやはり親の育て方によるものが大きいと思います。とは、子どもの行動を認めることにより、子どもの善悪の価値観や判断基準を、心の中につくっていくプロセスということもできます。だからとても大切なことなんです!いたずらばかりの息子にも、ほめどころはいっぱい「よく見る」ことでいくらでも見つカると「ほめる」、どちらが難しいと感じますか?どちらも息子を良くしたいというお母さんの思いです。

子どもになることさえもあります


子どもの要求を断ることが多かったものです信号が青に変わったら右左を見て手を上げて渡る。信号がチカチカしたら渡らないず教えてください。絶対にしてほしくないのは、「大人と一緒だから特別だよ」などと言って、車が来ないからと、赤信号で渡ったり、青信号の点滅で無理に走って渡ることです。確実に子どもは親のした事を真似をします。言う事と行動の異なる大人は子どもから信用されません。

否定型の会話のパターンに慣れてしまっている幼児は

残念なことに、自転車の前や後方に子どもを乗せているお母さんに、この行動がよく見られます。たかが数秒、数分です。そんなに急いでも長い人生、大して変わりません。子どもの前では正直でいてください。私自身も、車の来ない信号待ちでは、赤でサッと渡りたいところでも、お子さん連れが信号待ちをしていれば、じっと「がまんの子」、青信号で渡ります。私が赤で渡ってしまったら大人として子どもに示しがつきません。子どもは社会全体で育てるもの。

子どもに勇気を教えいいよかっこいいなごめんなさいと言える寛容性ももれなくついてきます


子どもに接すると
つまり家族で協力して暮らしている以上、ただその家の子どもであると言うだけで家にいる権利があると言うような甘ったるい教えはない。たまに、誰かが入れ知恵をして「それは親の養育義務に反する」などと言おうとすれば、「わかった、お前と刺し違える覚悟は最初からあるから、と言い放つ。自分一人では生きていけないことを知っている上に、それが自分のわがままだと理解している子どもは何も言えなくなる。家庭児童相談所でも警察でも何でも呼んで来い」中学生くらいになると、いちいち殴る必要もない。きちんと、義務を果たさなければ、人間としての権利は与えられないと教え込んでおけば良い。その義務の一つが労働なのだ。

幼児が小学校において増加していることに注目しなければなりませんしたがって

ただし、働くという意識がないように育つことで現れる才能もある。自分の好きなことをとことん追求しているうちに、稼ぐようになっていたという人がいることも確かだ。だから、本当に何かに打ち込んでいる子どもには、それにとことん打ち込ましてやるのも悪くはない。その代わり、その子どもにはそれがお前の使命だと言うくらいに、打ち込ませるのだ。好きにさせているのだと言うのは、全くの見当違いだ。