子どもについては

幼児が挙げたら

子育ての期間を
歌がうまければそのことを、苦手な数学をがんばっているのであれば点数に関係なくがんばっていることをほめてあげてください。間接的にほめる間に誰かを入れてほめると、喜びは倍増します。たとえばテストの点が上がった時、まずお母さんがほめます。次の朝、お父さんから「点数上がったらしいな。お母さんから聞いたよ、すごいな」とほめられます。

よく温めるために「一、二、三、四」と数を数えさせるお母さんもあります。温めながら、数の学習をさせようというわけです。しかし、私の孫との入浴は、まったくちがいました。遊びを第一にしました。ですから、孫は、おじいちゃんと入浴するのが大好きでした。私は、洗い場のところにお風呂用マットを敷き、そこにあぐらをかきます。

子ども同士で言い合いをしているうちはなかなか話が進みませんが

そして、洗面器とポリバケツとを六、七個並べ、その中にお湯を入れます。すると、孫は、大小のそれらに入ったり出たりして楽しみます。その間、シャワーをかけてからだを温めるのですが、それがお湯のひっかけっこになることもあり、孫にとっては楽しいひとときとなります。そうしながら、石鹸で洗います。孫は、自分で石鹸を握ろうとしますが、小さな手から何べんも石鹸がすべり落ちてしまいました。「石鹸、ころりんすってんしゃん」と言うと、孫は声高らかに笑います。私が洗う番。孫もすなおに従います。

子どもの脳が育つこれ以上ない大事な時間だと心得て


育てる母親の愚をわらっていながらとにかく何かいいところに気づいたら、例r字がきれいになったなー」「くつひもの結び方、上手やね」すぐほめます。「早く来てえらいね」r姿勢いいなー」rあいさつが気持ちいいな」「早起きしてすごいな」r最近がんばってるなー鉛筆の持ち方きれいやな」「ご飯全部食べられたね」「元気がいいな!」rやさしいね」ピンポイントでほめるその子がほめてほしいと思っていることをピンポイントでほめます。これをするには子どもの様子をよく見ることが必要ですが、お父さんやお母さんなら簡単なことだと思います。その子が今、自信のあることやがんばっていることをほめてあげてください。勉強のことでなくてもかまいません。

子どもに急がせたりして

歌がうまければそのことを、苦手な数学をがんばっているのであれば点数に関係なくがんばっていることをほめてあげてください。間接的にほめる間に誰かを入れてほめると、喜びは倍増します。たとえばテストの点が上がった時、まずお母さんがほめます。次の朝、お父さんから「点数上がったらしいな。お母さんから聞いたよ、すごいな」とほめられます。

抑圧を受けることの少なかった幼児では


子どもの言葉を引き出す会話を行うのですそうか~
おべんとうや給食は、そしてそれでおなかがすく場合はおやつにするめやおにぎり、と子どもをはげましましょう。乳製品などの軽食を。いまの小学校では偏食がもしおべんとうを残してくるなら食べきれる量に減らしましょう。ただし好き嫌いはなくしたいので「がんばって一口は食べよう」早食いでよくかまずに飲み込んでいます(2才·女の子)幼児には、まる飲みできない大きさの食品を。小学生には、早食いのデメリットを説明2才くらいの子がまる飲みするときは、まる飲みできない程度の大きさの食品を前歯でかみとって食べる練習をしていきましょう。やわらかすぎてまる飲みしているようなら、のどにつかえない程度のかたさに調理します。

子どもが自分で教科を選び

生なら、「早食いして食べ物をのどに詰まらせると、命にかかわることもある」よくかんでゆっくり食べるよう教えることが大切。ちょっとしたことですぐに泣いてしまいますうちの子はしかられたときや気に入らないことがあったときなど、とにかくすぐに泣きます。何かにびっくりしたときにさえ泣いてしまうのですが、どこか心に問題があって泣くのでしょうか?(4才·女の子)泣くのは防衛本能の表れなので、せずに。理由を話せるような言葉がけを!よく泣くのは悲しい。怖い.びっくりしたなど、強い感情をいだいたときの感情をコントロールできず、防衛本能から涙が出てしまうということでしょう。